군산시 문화관광 홈페이지에 오신것을 환영합니다.

메인 메뉴

메인 콘텐츠

李永春家屋

뒤로이동

  • 폰트작게
  • 폰트작게
  • 전화걸기
  • storytelling
  • 위치찾기
1920年代に日本人の大農場主の熊本利平が自分の別荘として建てた建物ですが、 日本帝国の強占から解放された後、地域の農村衛生事業の先駆者でありながら開井病院の設立者である李永春(イ・ヨンチュン)博士に渡されたから、『李永春家屋』と呼ばれています。建築の当時、ソウル の汝矣島の面積の10倍以上の大農場を所有していた日本人農場主の熊本利平は、自身の富を誇示するかのように高価なシャンデリアや家具を外国から取り寄せたり、居間のフロアのチーク材一つ一つまでぴったりと合わせて精巧に施工した建物を完工しました。高級資材を使い朝鮮総督の官邸と同じくらいの建築費がかかったとされています。東西洋の建築様式が絶妙に調和したこの建物は、韓国では初めてメートル法が適用された物としても有名です。映画やドラマなどのロケ地としても広く知られているこの建物は、現在は李永春博士記念展示館として活用されています。

주소 및 카피라이터 메뉴