군산시 문화관광 홈페이지에 오신것을 환영합니다.

메인 메뉴

메인 콘텐츠

崔湖将軍遺址

뒤로이동

  • 폰트작게
  • 폰트작게
  • 전화걸기
  • storytelling
  • 위치찾기
1729年に崔湖将軍の子孫が建てた祠堂が、1906年に再び建てられました。1536年に臨陂縣鉢山で生まれた崔湖将軍は、武将だった父親から武芸を学び 朝鮮の第 14代王様である宣祖7年(1574年)に武科の丙科と及第しました。その後、再び挑戦して武科の科甲に選抜された崔湖将軍は、武将として優れた戦功を立てて宣祖の寵愛を受けました。1592年に壬申倭乱(文禄の役)が起こり、宣祖が義州までに避難を余儀なくされた時に、咸鏡南道の兵馬節度使として倭軍の精鋭部隊を相手に勇敢に戦い、1596年に忠清道の兵馬水軍節度使を務めていた際には李夢鶴の乱を平定しました。丁酉再乱(慶長の役)に参戦して、倭軍との漆川梁の海戦で戦死しました。宣祖から下賜された三寅宝剣と生前に使用していた遺品らが群山近代歴史博物館に保管されています。

주소 및 카피라이터 메뉴