군산시 문화관광 홈페이지에 오신것을 환영합니다.

메인 메뉴

메인 콘텐츠

臨陂鄕校大成殿

뒤로이동

  • 폰트작게
  • 폰트작게
  • 전화걸기
  • storytelling
  • 위치찾기
郷校は朝鮮時代に地方で孔子をはじめとする儒敎聖賢の祭祀を執り行い、儒敎教育のために建てられた国立の教育機関です。1403年に建設された臨陂鄕校は数度の改修を経て朝鮮後期の小規模な郷校の姿をよく表わしている建物です。特に70年代に一部補完された大成殿は、栱包様式や礎石などが特異で、建築史的に研究に値する部分が多くある建物です。1894年の甲午改革以降、教育機関としての機能は失われましたが、毎月旧暦の1日と15日に香を焚き、毎年春と秋に『釋奠大祭』という祭祀が執り行われます。

주소 및 카피라이터 메뉴