군산시 문화관광 홈페이지에 오신것을 환영합니다.

메인 메뉴

메인 콘텐츠

仙遊島

뒤로이동

  • 폰트작게
  • 폰트작게
  • 전화걸기
  • storytelling
  • 위치찾기
仙遊島は63個もある大小の古群山群島の島々の中でも最も美しい自然景観を誇る島として有名です。仙遊島という名称も、「島の景観がとても美しく仙人たちが戯れた島」という意味があります。遠くからも堂々とそびえ立つ灰色の岩の峰が見える仙遊島は、周辺の島々が円を描くようにとり囲んでいることから『島の中の島』とも呼ばれています。 周りの島々が強い波を防いでくれることから波が穏やかで、霧のかかる明け方に周囲を見渡すとまるで山々に囲まれた湖の中の島にいるような錯覚を覚えます。島のあちこちに夕日の名所や海水浴場など『仙遊八景』の優れた絶景があります。
仙遊島は昔から軍事的にもとても重要な海上の要衝でした。壬申倭乱と丁酉再乱(文禄・慶長の役)の際に活躍した李舜臣将軍は仙遊島の地政学的な位置を戦略的にうまく利用しました。鳴梁海戦で大 勝利した忠武公は、日本側の反撃を念頭に置いて遅滞なく多くの島が集まっている古群山群島に船首を向けました。秋の台風が吹いて思い通りに移動できなくなり、蝟島を経てようやく仙遊島に船が到着したのは鳴梁で海戦がくりひろげられた6日後のことでした。朝鮮水軍は 仙遊島で船を修理し、兵士を休ませることができました。『乱中日記』によれば忠武公は仙遊島に到着した後に体調を崩し、12日間の休息の後に再び南道に向かって船を出航させました。

주소 및 카피라이터 메뉴